2015年6月4日

一般的にFXはレバレッジという仕組みによって取引されています。
レバレッジとはてこの原理のようなもので、少ない資金で大きな金額の取引が可能になります。
例えばレバレッジ10倍なら、1万円の資金で10万円分の取引ができます。
FXでは当たり前のように普及している仕組みで、多くの方が倍率を高めにしています。

しかし、日本のFX業者はレバレッジを最大25倍(個人の場合)までしか設定できません。
倍率を高くするとリスクも増えてしまいますが、大きく儲けられる局面では少し不利な場合もあります。
このため、資金を多くするなど別の対策が必要です。

でも海外の業者ならレバレッジをより大きく設定することができます。
少し敷居が高そうに見えますが、実は日本語サポート付きの業者も少なくありません。http://www.fxplus.com/broker/xem/
特におすすめなのはxm(詳細は→こちらのホームページ)です。

xmはしっかり認可を受けている業者で、日本語サポートが充実しています。
もちろん電話のサポートもありますし、取引ツールも日本語対応です。
海外業者の中でも、特に日本人向けに作られているのではないでしょうか。

リスクを取ってもリターンを大きくしたい方は検討してみて下さい。
xmは通貨ペアも多いため、通常の取引にも向いています。

Post tags:

2014年8月27日

本を読む習慣のある方はとても見識が広い人間性を養ってくれると言えるでしょう。自分の知らない領域や、未経験のことなどを書籍は色んなカタチで教えてくれています。そしてその本のカタチも様変わりを使用としています。今までの書籍は神という媒体での出版でしたが、IT社会を迎え、電子出版というものが出現してきました。

これは今までの印刷物ではなく、文字や画像などをデータ化し、CD-ROMなどの電子媒体やネットワークを通して配布するものです。この電子出版はその手軽さから個人の方も利用されるようになってきました。その電子出版をサポートしているウェブサービスの会社があります。それが電子書籍(電子出版)の「ブックスペース」です。公式ホームページはこちら

ブックスペース(BookSpace)は簡単な手続きだけで主な電子書籍ストアに自分の作品を配布できるWebサービスを行っています。今では自分の自伝的小説や長年培ったノウハウ本など、自費出版をしたい方が増えています。それを安い費用で本を自費出版したい方には最適のサービスとなっています。また、書きためてきたマンガやアニメなども、電子書籍として配布することでより多くの方に知ってもらうことができます。様々なニーズに対して安い費用で本を自費出版ができる充実した内容となっています。電子書籍の自費出版を検討されている方は、ブックスペースのページをご覧になり、まずは会員登録をされてみては!

Post tags: